サンマの塩焼き(フライパン使用)

FoodSupport より

2015年11月22日

0 コメント

サンマの塩焼き-7

美味しそうなサンマを見つけたら、フライパンで調理

 キラキラと輝き、ポテっと肥えたサンマを見るとたまらないですよね?!
 でも、一人暮らしだとグリルがないので諦めている。そんな方のために、フライパンでできるサンマの塩焼きを紹介します。

 失敗なくキレイに焼くために、魚用のクッキングシートの使用をお勧めします。
 四辺を折って箱形にすると、フライパンも汚れないので後片付けが楽チンです。

 フライパンで焼く場合、サンマを半分に切らなくてはいけませんが、キッチンばさみを使うとまな板を汚すこともないです。「ちょっと切りたい、でもまな板洗うと面倒」という時、キッチンばさみは重宝します。100円ショップにもありますので、持っておくといいですね。

 あとは薬味です。醤油を垂らすのもいいですが、やはり大根おろしとすだちが最高に合います。サンマのワタにすだち汁を絡ませたら、実りの秋に感謝せずにはいられません。

 しかし「それだけのために大根とすだちを買うのは……」という方のために、とっておきを下記にも紹介していますので、合わせてご覧下さい。


調理タイム

10分


コスト

200円(サンマ130円・大根10円・すだち30円・調味料その他30円)


材料(1食分)

  • さんま 1匹
  • 大根(もしくは、大根おろしのフリーズドライ)
  • すだち(もしくは、すだち汁)
  • 塩 適量

道具

フライパン、キッチンばさみ、魚用クッキングシート


手順

サンマの塩焼き-2
1
さんまの両面に塩を振り、斜め半分に切ります。
ワタが苦手な方は、この時に取り出しておきましょう。
お皿に盛りつけた時、頭側が左、腹側が手前になるように置きます。

サンマの塩焼き-4
2
魚用クッキングシートの四辺を折り、箱形にしてフライパンに置きます。中火でシートを温めます。温まるのに1分くらいかかります。
適度に温まったら、フタはせずにサンマを焼きます。お皿に盛りつけた時、上になる側を最初に焼きます。

サンマの塩焼き-5
3
表裏、各4分ほどを目安に焼きます。
途中、腹部と背部を焼き付けて下さい。腹部と背部はどうしてもフライパンと接しないため、生焼けとなってしまうことを防ぎます。

サンマの塩焼き-7
4
焼いている間、大根おろしとすだちを用意しておきます。
4分ずつ焼いたら、腹部と背部も含めてしっかり焼けているか確認して下さい。
お皿に盛りつけて、完成です。

動画レシピ


余った大根、すだちの使い方

  • 大根が余ったら……

 大根おろしは冷凍できますので、多めにおろして余った分をラップに包んでおくと次回便利です。
 このとき、大根の水分もある程度含ませておいて下さい。その方が、大根の風味がたちます。

 また、大根の根元から3分の1ほどはおろしに適しています。真ん中は煮物に適しています。葉元は生食に適しています。
 ですので、真ん中部分を乱切りにして冷凍し、煮物に使いましょう。
 冷凍することによって繊維が壊れるので、煮物に最適です。ただ、煮込みが足りないと筋張った仕上がりになりますので、よく煮込むことが肝心です。よく煮込むと言っても、生のまま煮込むよりも短時間ですので、ご安心下さい。

  • すだちが余ったら……

 すだちが余ったら、ドレッシングに使ったり、野菜炒めの仕上げに絞ったりできます。また、冷凍して、ほんの少しずつ削って使うこともできます。お吸い物、野菜炒め、ドレッシングはもちろん、凍ったまま擦ってポン酢に混ぜると、高級ポン酢になります。水炊きや湯豆腐をしたときに重宝します。

コメントを残す

Your email is never published nor shared. * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*